ISUCON7本戦に学生枠で参加してきた & こうしていれば優勝できたかもしれない方法

 

経緯

なんとなくで参加を決め、なんとなくでメンバー(@aokabit, @murata)を組み、なんとなく過去の予選問題を解いたりしていったところ、予選直前に解いたPixiv社内ISUCONにおける経験を活かし*1Cache-Control: publicをつけたところ、マシンを1台しか使用していないにも関わらず学生枠で予選突破できたので非常にラッキーでした。

 

 

本戦でやったこと

とりあえずNewRelicを入れたりgo-torchからFlameGraphを生成したりしてgetStatusがネックなのはひと目でわかりました。

中でもBigIntの掛け算が大きな割合を占めているので、雑にそれらを眺めてみたところ、new(big.Int).Mul(str2big(hoge), big.NewInt(1000))しているところが目立ったので、big.NewInt(1000)を使い回したり文字列の最後に+"000"した後str2bigで代用したりしたものの、あまり効果が出ず。他の掛け算は色々な場所に散らばっていて共通部分を見いだせず、なかなか取っ掛かりが見いだせないでいました。

@murata が同じくgetStatusで大きな時間を消費しているbig2expをやっつけてくれるらしいので、賭けに出てgetStatus全体をキャッシュしてみることに。

 キャッシュにはgolang.org/x/sync/singleflightを使用しました。何も考えずにroomNameをキーにしてgroup.Doでラップしたところ、ドカンと並列数が上がってこれはいけるか!!?と期待したもののベンチマーク後の検証に失敗。流石にこうも簡単ではないかと思いつつもこの方針ですすめることに。

コードを眺めていると検証に失敗しているのはaddIsubuyItemしているにも関わらずキャッシュを利用しているせいであることはすぐに判明しました。そこでそれらの直後にgroup.Forgetを仕込みキャッシュをクリアしたところ、スコアはもとに戻ってしまいました。ログを吐かせて確認したところgetStatusの呼び出しはほとんどがaddIsubuyItemの後に行われているもので、serveGameConnの始めや500ミリ秒周期で現在のゲーム状況を送信する箇所での呼び出しは割合として低いものだったようです。

同期地獄

こういった状況を踏まえてsingleflightによるキャッシュを効かせるためにはaddIsubuyItemの変更が加わった状態で複数GoルーチンでgetStatusの呼び出しを同時に行う必要があります。しかし、恥ずかしいことに、チーム内で1番Goに詳しいことを自負していながら、数が減ったり増えたりする複数のGoルーチンを同期させる方法を知りませんでした。今考えてみると知らないなりに色々やり方はあったと思いますが、競技中は焦りやらプレッシャーやら*2で全くアイデアが浮かんでこず、思いついた!と思っても負荷走行後のバリデーションに失敗し*3、適当にネットで検索してライブラリを見つけたものの本番で使ったことのないライブラリに手を出す恐怖から試しもせず*4、最終的に辿り着いたのがこのコードです*5

for {

if time.Now().UnixNano() / int64(100 * time.Millisecond) / int64(time.Nanosecond) % 5 == 1 {

break

}

time.Sleep(100 * time.Millisecond)

}

 

 何をしているのかというと、現在時刻を100ミリ秒単位で数えて、その数字を5で割った余りが1の場合ループを脱出し、そうでない場合100ミリ秒スリープしてループする、という超原始的な同期を行っています。何時間もかけて最終的に出てきたのがこれって……。

しかしこの変更により3000近く*6だったスコアが初めて一万点を超え、競技終了時間も迫っていたので最終的にこれをベースに複数台に分散した実装で提出。ちなみに最終スコアは7248で一台のほうがスコアが良いという残念な結果に。書きながら思い至ったのですが3台のアプリサーバと1台のDBサーバでこれを行うとDBのロックタイミングまでもが同期されてスコアが悪くなるのは当然ですね……。

 

複数Goルーチンを同期させる方法の正解(?)

syncパッケージのCondに生えているBroadcastを使用します。

詳細はこちらにあります。

github.com

簡単に説明すると、各roomごとにGoルーチンを起動して、time.NewTickerによって定期的にcond.Broadcastを呼び出し、cond.Waitで待機していたgetStatusWithGroupを複数同時に起動します。この関数はsingleflightのgroup.DogetStatus関数をラップしただけのもので、複数同時の呼び出しを一回の計算のみで処理できます。

この変更を再現環境*7にて検証したところ、初期実装の4000~6000点から14000~16000点まで跳ね上がりました。本番環境で一台で動かしたときの初期実装が4000点前後だったことを考えると、4台全て使えば優勝も狙えたので非常に悔しいです。

 

まとめ

標準パッケージの型ひとつ知っているだけで出来ることが大きく変わるので、普段から色々なコードを書くことで勉強することが大事だと思いました。あと本番はめっちゃ緊張するので精神力も大事ですね。お寺とかで修行を積んで出直します。

*1:何も考えずにコピペしたとも言う

*2:後の懇親会でチームメイトの@aokabitに「ものすごい恐い顔をしていた」と言われました

*3:今思えば幾つかのアイデアは方針自体は間違っていなかったもののaddIsuやbuyItemにかかる時間が思った以上に長すぎたのが原因で失敗していたのかも

*4:本当に冷静さにかけていた

*5:はてなの見たまま編集モードで書き始めてしまったがために見にくい

*6:まず一台で開発して最後に複数台にする方針のためスコアは低い

*7:Azure Standard DS3 v2 Promo (4 vcpu 数、14 GB メモリ)、ベンチマーカーと同居